安田悠馬のドラフト2位指名捕手としての評価は?中学や高校での成績や出身地を調査!

今回は2021年ドラフト会議で2位指名となった、東北楽天ゴールデンイーグルスへの入団が決まった安田悠馬選手について調べてみました。

まずは、彼の名前ですが安田悠馬(やすだ ゆうま)と読みます。こちらは漢字も読み方も大丈夫そうですね。ちなみに私は普通に読めました。

それでは安田悠馬選手について見ていきましょう。

目次

安田悠馬の捕手としての評価は?

スカウトの評価は上々のようで以下は、コメントの引用ですが。

・キャッチャーとしての魅力は

「一番は強肩。肩の強さですね。ブルペンで150km出たと聞いているし、力んで投げなくても強い質の良いボールがいく。

そのポテンシャルはキャッチャーだけではなく、ファーストや外野でも活かせるのはないか」

「(安田捕手の)最大の魅力はパンチ力、並外れたパワー。どこの方向でもスタンドインさせる。日本人にはなかなかいない和製大砲。1年春の頃から力強いスイングをしていたことで彼を見続けました。

見るたびに技術はもとより、身体がどんどん大きくなっていて強さが増していった。

目で見て筋肉が大きく、筋力が増えた選手は私が担当した選手の中では初めて。それがバッティングの飛距離に繋がっているなと。

なかなか一昼夜でできることではないので、そんなところにも彼の日頃のコツコツとした努力を感じることができ、見るたびに惹き付けられて魅力を感じた」

中日新聞

非常に高い評価であることは伺えますね。

キャッチャー・ファースト・外野手と守れる能力があります。長打力も期待していきたいと思います。

中学や高校での成績や出身は?

さてそんな彼の、これまでの経歴やプロフィール、中学や高校での成績などを観ていきたいと思います。

プロフィール

  • 【名前】安田悠馬(やすだ ゆうま)
  • 【身長/体重】185センチ/105キロ
  • 【生年月日】2000年3月3日(21歳)
  • 【出身地】兵庫県神戸市
  • 【投打】右投左打
  • 【経歴】妙法寺少年野球部(神戸市立妙法寺小学校) → 横尾中学校 → 須磨翔風高校 → 愛知大学

小学校の時に妙法寺少年野球部で野球を始めていますが何年生から始めたのかは詳細は今のところ判明してません。中学では軟式野球部に所属し、神戸市大会優勝を経験しています。高校では3年生の夏の選手権予選で4番ファーストとしてデビューしています。愛知大学では1年生の春からベンチ入りし、主にDHでの出場で打率.267、5打点の活躍で新人賞を獲得しています。夏には、愛知連盟選抜メンバーに選出されています。4年生の春季リーグから捕手に挑戦し、大学の通算では32本の本塁打を放っています。

これからプロでの更なる成長と活躍を期待したいですね。

ちなみにキャッチャーでの記録では二塁への送球が1.76秒を出しています。体格も良いですしパワ-もありますから、あらゆる面での期待がありますね。

あ!出身地は兵庫県神戸市ですが、詳しい生い立ちまでは調査不足で申し訳ありません。詳細が分かり次第、追記したいと思います。

まとめ

最後に今回のドラフト会議で選択した選手の名前を載せます。

東北楽天ゴールデンイーグルス

1.吉野創士・外野手(昌平高)

2.安田悠馬・捕手(愛知大)

3.前田銀治・外野手(三島南高)

4.泰勝利・投手(神村学園高)

5.松井友飛・投手(金沢学院大)

6.西垣雅矢・投手(早稲田大)

7.吉川雄大・投手(JFE西日本)

◇育成 1.宮森智志・投手(高知ファイティングドックス) 2.柳澤大空・外野手(日大藤沢高) 3.大河原翔・外野手(東海大山形高)

上記の動画は大砲の様にホ-ムランを量産している安田悠馬選手です。キャッチャーの部分も最後の映像でありましたが。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる