新着情報

2019 07.18
コラム

【はなの舞】刺身盛り合わせは低カロリーでワインにも合う!食べるなら海鮮居酒屋はなの舞で

新鮮な刺身をいただきながらおいしいお酒を楽しむのは、至福の時間です。ここでは居酒屋でよく見かける刺身の盛り合わせについて、その魅力や値段などをご紹介します。

 

刺身の盛り合わせは魅力がいっぱい!

居酒屋や和食の店でよく見かける刺身の盛り合わせは、年代を問わず日本人が好きな人気メニューのひとつです。高たんぱくで低脂肪、比較的低カロリーな刺身の盛り合わせは、ダイエット中の方にもおすすめです。

濃い味付けのものが多い居酒屋メニューの中で、シンプルに素材の味を堪能できることも魅力のひとつ。和食の代表的なメニューとして、近年では外国人にも好まれています。

好きな魚の刺身を単品で頼むのもよいですが、盛り合わせだといろいろな魚を楽しめるというお得感があります。見た目も豪華で、お酒の席が華やかになるでしょう。

居酒屋の宴会コースで提供される刺身の盛り合わせなら、ボリュームがあり、仲間とシェアして食べるという楽しみもあります。

 

居酒屋で食べる刺身の盛り合わせ、予算はどのくらい必要?

まず、個人経営店とチェーン店では価格帯が異なります。

個人経営店では通常のメニュー以外に、その日入荷した魚の刺身を「本日のおすすめ」として提供していることが多いようです。その土地ならではの新鮮な刺身の盛り合わせが味わえますが、チェーン店に比べてやや割高であることが多いです。

一方、チェーン店の場合は通常メニューに加えて宴会コースの一部として提供されることも多く、刺身の盛り合わせを含む5~8品の料理のコースで1人2,500~4,000円前後が目安になります。

刺身の盛り合わせを単品メニューとして頼むと、3点盛り合わせで600~1,000円、5点盛り合わせなら1,000~1,800円、より豪華なものであれば1,500~2,000円の価格帯であることが一般的です。いずれも、魚の種類や何人前であるかによって価格は上下します。

 

刺身の盛り合わせを注文するときに気をつけたいことは?

居酒屋の宴会コースの一品として提供される刺身の盛り合わせは、予算に合わせて3種盛り、4種盛り、5種盛りなどがあります。

メニュー表に魚の種類が載るのはアワビなど高級食材を使っている場合がほとんどで、多くはおまかせの盛り合わせとなります。

幹事の方は宴会コースを注文するときに、予めサバやサーモンなど、食べられない魚がないかを具体的に参加者へ確認しておくとよいでしょう。単品メニューや日替わりメニューの刺身の盛り合わせを頼むときは、何の魚を使っているのか注文時に確認すると安心です。

また、お腹が空いているときなどは特に、つい多めに注文してしまいがちです。しかし刺身は生もののため食べ残すとテイクアウトできず、傷んで捨てることになります。

少人数、または1人で刺身の盛り合わせを頼む場合は特に、無理なく食べきれる分だけ注文するとよいでしょう。

 

刺身に合うお酒とは?

刺身に合うお酒と言えば、まず思い浮かぶのは日本酒です。実際相性は抜群で、多少生臭さがある魚でも、日本酒と一緒にいただくと気にならなくなります。

普段飲まなくても、刺身と合わせるときには日本酒を選んでしまうという方もいるほどです。日本酒にもさまざまな種類があり、刺身の種類によって変えるとよりおいしくいただけるでしょう。

また、最近は日本酒だけでなく、ワインとの相性も意外によいと言われることが多くあります。以下にそれぞれのお酒との相性を詳しくご紹介しますので、ぜひお試しください。

■純米酒

日本酒の中でも純米酒は、マグロやブリ、サーモンなど脂がのっているお刺身に合います。純米酒は米と水だけで作られ、米の旨みが強く感じられる日本酒です。

そのため、和食の献立によく合うと言われます。お刺身は寿司ネタに使われるくらいご飯との相性がよいので、純米酒とも相性が非常によいのです。純米酒には、食中酒として造られている銘柄があるほどです。

■吟醸酒

吟醸酒は、よく精米した白米を低温で時間をかけて発酵させた、フルーツのような特有の香りが特徴の日本酒です。

そのため、マグロやブリなど味の個性が強い刺身と合わせると、吟醸酒の芳香や風味が感じられなくなってしまいます。吟醸酒には淡泊な白身の刺身を合わせると、刺身もお酒もおいしくいただけます。

■ワイン

洋酒の中では、ワインがお刺身と合います。一般的に魚料理には白ワインと言われますが、刺身によっては生臭さが残ってしまうことも。

お刺身を醤油に浸けて食べるときにレモンを足したり、レモン塩に浸けたりすると、口の中がさっぱりして、ワインとの相性がさらに良くなります。

レモンを絞った生ガキと白ワインの相性のよさはよく知られていますが、マグロやカツオなど味が濃い刺身なら、赤ワインも合います。

 

海鮮居酒屋はなの舞は刺身の盛り合わせが充実!

全国展開している海鮮居酒屋チェーン店はなの舞では、魚の鮮度にこだわっているため、いつでも新鮮な刺身盛り合わせを召し上がっていただけます。

「本日の刺身3種盛り」は、日替わりでその日一番の鮮魚のお刺身を食べられるメニューです。

店舗によって5種盛り、7種盛りも選ぶことができます。宴会コースは、予算に合わせて魚姿付の刺身盛り合わせ、アワビやズワイガニ入りの刺身盛り合わせなどを提供しています。

海鮮居酒屋として、豊富な品ぞろえの鮮魚を活かしたメニューを、自信を持って提供しております。おいしい刺身を食べたいときには、ぜひお越しください。

おいしい刺身とお酒を楽しむなら海鮮居酒屋は最適な選択肢です。お手頃な予算で刺身の盛り合わせを味わいながら、お酒も一緒に堪能することができます。ご自身のお気に入りのお酒と刺身の組み合わせを発見してみてはいかがでしょうか。

最新記事

NEW コラム
【はなの舞】実は種類が豊富な梅酒。その種類や飲み方とは?
NEW イベント
【8月22日(木)より】創業35周年祭スタート!感謝を込めてスペシャルメニューが感謝価格で登場します!≪三崎まぐろ+北海道フェア版≫