Now Loading...

新着情報

2019 07.11
コラム

【はなの舞】居酒屋のおつまみにはどんな種類がある?はなの舞でも食べられるおつまみいろいろ

宴会の席でお酒と一緒におつまみを頼む際、同席しているメンバーの好みがわからずなかなか決められなかった、という経験をされた方もいらっしゃることでしょう。

宴会でおつまみを注文するときは、まず定番のおつまみを選ぶのがベターです。定番のおつまみとは、男女年齢問わず、誰もが食べられるおつまみとも言えます。

ここでは、どんなおつまみが定番と言えるのか、その種類を詳しくご紹介します。

 

居酒屋の定番おつまみをおさえておこう!

ひとくちに居酒屋と言っても、メニューの守備範囲はお店によって異なります。お店が独自に考案したオリジナルのおつまみやメニューももちろんありますが、反対に「どのお店でも必ず見かける定番のおつまみ」もあります。
定番のおつまみを覚えておくと、初めて入るお店で注文に迷っても、とりあえず最初に頼むことができるので安心しますね。

 

居酒屋の定番おつまみには、どんなものがある?

それでは、定番おつまみには具体的にどのようなメニューがあるのでしょうか。いくつかご紹介します。

 

■あっさりした塩味で食べ飽きない!提供スピードNo.1の「枝豆」

おつまみの大定番とも言える枝豆。枝豆には、ビタミンB1、B2、Cなどの栄養素が豊富に含まれていますが、一番注目したい栄養素はメチオニンです。これは、タンパク質に含まれるアミノ酸のひとつで、飲み過ぎたり二日酔いになるのを防いだりする役目を果たしてくれるため、お酒の席にはぴったりです。大人数でも手を伸ばしやすいですし、空腹の状態で飲むのを避けるためにも、ぜひ最初に食べておきたいおつまみです。さりげない塩味が、豆の甘味を引き立たせてくれます。

 

■誰もが大好き!ジューシーな「鶏唐揚げ」

居酒屋で必ず食べる料理と言っても過言ではないほど、人気が高いメニューです。お店によって味付けの違いなどは多少ありますが、揚げたてで提供される唐揚げは、肉汁がジュワッと染み出てたまらない美味しさです。

 

■ふわふわの食感が魅力的!「だし巻き卵」

小さい頃、お弁当のおかずの定番が卵焼きだった人も多いことでしょう。懐かしさと、ハズレがなく安心して食べられる卵焼きは、誰もが好きな定番メニューです。
居酒屋で提供される、ボリューミーでふわふわのだし巻き卵は、薄味でとても上品な味付けであることが多く、いくつでも食べられそうですね。

 

■つい手が伸びてしまう!「フライドポテト」

年齢によって多少の好き嫌いはありますが、こちらも定番おつまみのひとつです。塩気があるためお酒のお供にぴったりで、大勢でつまむのにも最適です。ホクホクの食感は気持ちまでほっこりさせてくれます。

 

■さっぱりした味がたまらない!「塩キャベツ」

キャベツに塩とごま油などを混ぜた簡単スピードメニューですが、おつまみだけでなく箸休めにもなる一品です。居酒屋のメニューは濃い味付けのものが多いため、あっさりした味の塩キャベツは口直しにもぴったりです。

 

■気軽に食べやすい!「焼き鳥」

こちらも、宴会でお酒のお供になる定番メニューです。宴会では、串盛りの形で提供されることがほとんどです。

揚げものはカロリーが気になるという女性でも、ちょっとお肉を食べたくなったときに手軽に手を伸ばすことができますね。

 

おつまみ選びで気を付けたいポイントは?

おつまみは一品料理なので、好みによっては食材に偏りが出る場合があります。

また、おつまみは、アルコールを分解するための栄養素を体内に取り入れる役割も果たしています。そのことを意識したチョイスをしたいものです。

ここからは、おつまみを選ぶときに気を付けたいポイントを具体的に見てみましょう。

 

■タンパク質を多く含む食品を選ぶ

肝臓の機能を高めるために、タンパク質はかかせない栄養素です。肝臓は、アルコールと同時に脂肪も分解する働きを持っています。

お酒を飲んでいるときは、アルコールを分解することに手がかかるため、同時に油を多く摂ると、肝臓には大きな負担がかかってしまいます。このため、必要以上に油を摂るのは避けたほうがよいでしょう。

良質なタンパク質が含まれており多く摂りたい食品として、枝豆や豆腐などの大豆製品、卵料理、魚介類、乳製品などがあります。

 

■ビタミン・ミネラル・食物繊維を多く含む食品を選ぶ

お酒を飲むと、アルコールの作用によりビタミンやミネラルが体内で不足しやすくなります。また、定番のおつまみには食物繊維があまり含まれていないものも多いため、同じく体内で不足しがちです。

野菜・海藻類・芋類・果物などをできるだけ意識して摂るように心がけましょう。

 

■水分が多い料理を選ぶ

アルコールを多く摂取すると、人間の身体はアルコールを早く体外へ排出しようとする作用が働くため、尿が多く出るようになります。

この結果、脱水症状の危険性が高まります。脱水を防ぐため、鍋物や、豆腐・野菜を使った料理など、水分の多い料理を選びましょう。

 

■素材を生かしたメニューを選ぶ

アルコールを摂っていると、濃い味の食事が食べたくなることがあります。しかし、これは高脂肪だったり塩分が多かったりするメニューが多く、身体に負担をかけます。

枝豆、刺身、トマトスライス、冷奴など、できるだけ味付けがシンプルなメニューを選ぶと、身体に優しい飲み方ができます。

 

■サラダは、野菜や海藻が多く入ったものを選ぶ

サラダの中でも、マカロニやポテトが入っているものは、炭水化物が多くマヨネーズなどの油もたくさん使われています。できるだけ、生野菜や海藻を多く使っているものを選びましょう。

 

■串物の味付けは、タレより塩を選ぶ

タレは、砂糖を多く使って作られているため、糖質が高めです。できるだけ健康的にお酒を楽しみたいのであれば、タレよりも塩を選ぶとよいでしょう。

 

種類豊富なおつまみを楽しみたいなら海鮮居酒屋はなの舞へ!

はなの舞でも、上記でご紹介した定番のおつまみはもちろん、産地を厳選し「安全」「安心」で新鮮な素材を使ったメニューを多数取り揃えています。

新鮮な魚介類はもちろん、鶏・豚・牛の肉類のおつまみメニューも豊富です。生もの、串もの、焼きもの、揚げものと、多彩な調理法でこだわり素材の旨みを味わってみてください。

宴会や普段使いの居酒屋としてぜひ、はなの舞をご利用ください。皆さまのご来店を心よりお待ちしています。

 

※一部対象外の店舗がございます。詳しくは店舗へお問い合わせくださいませ。

最新記事

NEW コラム
【はなの舞】結婚式の二次会をするなら居酒屋で!
NEW コラム
【はなの舞】居酒屋の個室を上手に利用しよう!