はなの舞 倉敷北口店

新着情報

2019 07.10
コラム

【はなの舞】旬の魚とお酒を楽しむなら海鮮居酒屋はなの舞がおすすめ!

料亭などのかしこまったお店にはなかなか行けなくても、居酒屋であれば手軽に海鮮料理を食べることができます。海鮮料理をよく食べるけど、その食材については詳しくない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

野菜などと同様で、魚にもそれぞれ旬があり、おいしい時期が異なります。お酒のあての豆知識としても、季節ごとの旬の魚について知っていると、よりお食事を楽しんでいただくことができます!ここでは海鮮料理を楽しむ方のために、季節ごとの旬の魚をご紹介します。

 

「旬」の意味とは?

居酒屋などの飲食店に行くと、メニューに「今が旬!」などと書かれているのをご覧になることがあるかと思います。最近ではある一定の時期しか食べられないという食べ物は減ってきており、旬がいつなのかをご存知ないものも多いかと思います。

しかし、そもそも「旬」とはどういう意味なのでしょうか?

「旬」というのは、その食材が年間でもっともおいしい時期を指します。「脂がのっていておいしい」という表現をするように、うまみ成分が多い時期がその魚の旬で、グリコーゲンや脂質、アミノ酸などをため込んでいるため、おいしさは格別です。

それは同時に栄養価がもっとも高い時期でもあるので、その時期に食べることで身体も元気になります。市場にも出やすくなるため、値段がお手ごろになり、お財布に優しいというメリットもあります。

 

春に旬を迎える魚

まずは春が旬の魚をご紹介しましょう。

4月頃から出始めるのが「カツオ」で、6月頃まで楽しめます。お刺身やカルパッチョといった生ものとして食べたり、竜田揚げや照り焼き、角煮などにしてもおいしくいただけます。

春しらすと呼ばれる「しらす」も春においしい食材です。1~3月の禁漁の後のしらすは非常に人気があります。生で食べたり、丼ものでいただくのも美味です。

漢字を見ても春が旬だということがわかるのが「鰆(さわら)」です。関東だと冬が旬ですが、瀬戸内海では春に旬を迎えます。シンプルに塩焼きやみそ漬けで食べるのが人気です。

「春告魚(ニシン)」は、鮮度がよければ刺身でも食べられますが、定番は塩焼きです。

高級魚として人気の「真鯛(まだい)」は、刺身やカルパッチョはもちろん、煮付けやムニエル、鯛めしにするなど、調理法も豊富です。「公魚(ワカサギ)」も春が旬であり、フリッターや竜田揚げ、南蛮漬けなど、油で揚げる料理が人気です。

これ以外にも、サヨリやメバルなども春が旬の魚です。

 

夏に旬を迎える魚

続いては夏が旬の魚をご紹介していきましょう。

「鰻(うなぎ)」は暑い夏に体力をつけるのに重宝する魚です。定番の蒲焼きで食べるのが人気です。

「鱸(すずき)」も夏が旬の魚です。塩焼きやソテーといった焼き物だけでなく、お吸い物にいれることもあります。

「鮪(まぐろ)」は地域によって旬が異なることもありますが、夏においしくいただける魚です。お刺身やお寿司のネタ、丼もの、ステーキなどさまざまな楽しみ方ができます。

「鱧(はも)」は年2回旬を迎えますが、その1回目が7月です。生でもいただけますし、フライや天ぷらにしてもおいしく食べられます。

「伊佐木(いさき)」は塩焼き、煮付けはもちろん、手軽につまめるから揚げとしてもおいしくいただけます。「カレイ」は天ぷらにするのが人気です。夏から秋口にかけてが旬です。

これ以外にもドジョウやマカジキ、ゴマサバ、シイラなどが夏に旬を迎える魚です。

 

秋に旬を迎える魚

次に食欲の秋に旬を迎える魚をご紹介しましょう。

秋の魚といえば「秋刀魚(サンマ)」です。脂がのったサンマを塩焼きでシンプルに食べるのは、日本人ならではの贅沢かもしれません。

「真あじ」は秋においしい魚です。塩焼きや煮付け、フライ物にも使われます。「カマス」は焼き魚にするのが定番ですが、最近ではアクアパッツァなどでいただくのも人気です。「金目鯛」は、甘辛く煮つけにしたものが付き出しで出されます。

それ以外に、アマダイ、カジキマグロ、黒鯛なども秋が旬であり、おいしくいただくことができます。

 

冬に旬を迎える魚

最後に、お鍋を食べることも多い冬に旬を迎える魚をご紹介しましょう。

「鱈(タラ)」は漢字に雪が入ることからも分かるように、冬においしい魚です。鍋に入れることが多く、よい出汁を出します。

「鰤(ブリ)」も寒ブリといわれることから分かるように冬に旬を迎える魚です。脂がのったブリをお刺身にしたり、照り焼きにしていただくなど、人気が高い魚です。

「鮃(ヒラメ)」は、淡白でいて繊細な味わいが人気で、お刺身から焼き物、煮付けなどどのように調理してもおいしく食べることができます。
これら以外にも、マグロや石鯛、魚ではありませんが牡蠣がおいしいのも冬ならではです。

 

おいしい海鮮料理とお酒を堪能するなら、はなの舞へ

はなの舞では、鮮度が高い旬の魚介類をリーズナブルな価格で食べられます。お刺身やお寿司、女性に人気のカルパッチョ、焼き物など、さまざまな調理法で海鮮料理を提供しています。

全店舗ではありませんが、マグロの解体ショーが行われるところもあります。海鮮に合う日本酒や焼酎なども豊富にそろっているので、海鮮料理とお酒好きの方に満足いただけること間違いなしです。おいしい旬の魚とお酒を楽しみたい方は、ぜひ海鮮居酒屋はなの舞へお越しください。

 

※一部対象外の店舗がございます。詳しくは店舗へお問い合わせくださいませ。

最新記事

NEW コラム
【はなの舞】実は種類が豊富な梅酒。その種類や飲み方とは?
NEW イベント
【8月22日(木)より】創業35周年祭スタート!感謝を込めてスペシャルメニューが感謝価格で登場します!≪生本まぐろ+北海道フェア版≫