Now Loading...

新着情報

2019 07.02
コラム

【はなの舞】なめろうとは?意味や由来をご紹介・酒が進む南房総の漁師料理

海鮮系の居酒屋などに行くと、「なめろう」というメニューを見かけることがあります。

しかし、名前を聞いただけでは、ちょっとどんな料理か想像がつきませんよね。作り方自体は決して難しくなく、お酒のお供にピッタリの「なめろう」。

今回は、海鮮おつまみとして人気が高まりつつある「なめろう」についてご紹介します。

 

「なめろう」ってどんな料理?気になる名前の由来も!

海釣りを趣味にしている人たちならともかく、一般人にとってはちょっと聞き慣れない「なめろう」という料理。どんな料理なのでしょうか。そして、この変わった名前には、どんな意味や由来があるのでしょうか。

 

■「なめろう」とは

なめろうとは、青魚の身に味噌と日本酒、それにネギやシソ、ショウガ、ミョウガなどを乗せ、包丁で細かくたたいた料理です。もともとは南房総(千葉県南部)の漁師に伝わる郷土料理で、漁の最中に手軽にできる漁師メシとして食べられてきました。

今では3枚におろした魚の身を使うのが一般的ですが、忙しい船の上では、骨ごと包丁の背でたたき潰していたそうです。まさに漁師メシと呼ぶにふさわしい、豪快な時短料理ですね。

なめろうは、ただ早くて美味しいというだけでなく、魚と野菜と味噌を組み合わせた料理なので、栄養価のバランスも優れています。そのため本場の千葉県では、食欲の落ちる夏場に、三杯酢をかけて夏バテ防止メニューとして食べる地域もあるそうです。

 

■「なめろう」ってどういう意味?

気になる「なめろう」という不思議な名前の由来には、大きく二つの説があります。

一つは、載せている器までなめてしまいたくなるほど美味しいからというもの。

もう一つは、粘り気が出るまでたたくことで、「なめらか」な舌触りになるからというものです。

また「なめろう」のほかにも、漁師が沖の船上で作るたたき料理という意味で「沖膾(おきなます)」と呼ばれることがあります。表記に漢字があてられることはなく、普通はひらがな4文字で「なめろう」と書かれます。

 

「なめろう」に使うのはどんな魚?

なめろうに使われる魚としては、アジが最も一般的です。居酒屋などで単に「なめろう」と書いてある場合は、まずアジが使われていると考えてよいでしょう。

ただし、使用する魚の種類にとくに決まりがあるわけではありません。

アジのほかにもサンマやイワシ、サバ、トビウオ(アゴ)など、なめろうの材料としては主に青魚の身が好まれています。なめろう発祥の南房総では、魚だけでなく千葉県沖でよく獲れる青柳(バカガイ)を使ったなめろうも存在します。

なめろうは、材料とする魚によって、食感や味わいに違いが出る料理です。そのため居酒屋や海鮮料理店では、多くの場合「アジのなめろう」や「イワシのなめろう」など、使用している魚の名前を「〇〇のなめろう」として頭に付けています。

 

「なめろう」って家でも作れるの?

なめろうは、漁師が船の上で食べる時短料理ですから、もちろん家庭でも魚の身と味噌、それにネギとショウガと料理酒があれば作れます。

作り方も簡単で、まずはアジなどの身を細かく刻んでお酒をふります。そこに味噌と刻んだネギ・ショウガを加えて、あとはたたくだけ!このとき、独特の粘りが出るまでしっかり包丁でたたくのがポイントです。

ネギとショウガにシソやミョウガを加えるのが定番ですが、さらにお好みで梅肉やゴマなどいろいろな薬味を試してみてもよいでしょう。

具となる魚も、刺身で食べられるものなら何でもかまいません。ちょっと余ってしまった刺盛りのネタなども、なめろうにすれば素敵なおつまみにリメイクできます。

そのままアテにしてもお酒がどんどん進むなめろうですが、白いご飯のおかずにしたり、お茶漬けの具にしたりするのもおすすめです。また、なめろうを焼いてハンバーグやつくねのような形にした「さんが(焼き)」は、お子さまのいるご家庭の夕食などに大活躍します。

ただし、なめろうは火を通さない料理なので、冷蔵庫で3日程度しか日持ちしません。ご家庭でなめろうを作る場合は、この点に十分注意してください。

 

海鮮居酒屋はなの舞の「なめろう」で乾杯!

海鮮居酒屋はなの舞でも、グランドメニューで「海鮮なめろう」を扱っています。

その日の新鮮なお魚を味噌と薬味でしっかりたたいた「海鮮なめろう」は、はなの舞でも人気の一品!お値段も590円(税抜)と手ごろで、2杯・3杯とドリンクがよく進みます。常連さんの中には、なめろうだけで何杯もお酒をおかわりする人もいるほどです。

漁師グルメということで、日本酒のイメージが強いなめろうですが、実は他のお酒との相性も抜群です。ビールや焼酎はもちろん、ハイボールやサワー系にもピッタリ!しっかり酔いたい「通」な方には、ワインやウイスキーのショットと合わせるのもおすすめです。

通常、魚介類には白ワインがよいといわれますが、味のしっかりしたなめろうなら、赤ワインの風味にも負けることはありません。

海鮮居酒屋はなの舞のこだわりは、なんといってもネタの鮮度!魚はもちろん、なめろうに使う野菜や薬味にも手を抜きません。お酒好き、魚好きの人にこそ味わってもらいたい「なめろう」を、ぜひこの機会に試してみてください。

 

※一部対象外の店舗がございます。詳しくは店舗へお問い合わせくださいませ。

最新記事

NEW コラム
【はなの舞】結婚式の二次会をするなら居酒屋で!
NEW コラム
【はなの舞】居酒屋の個室を上手に利用しよう!