新着情報

2019 09.24
コラム

【はなの舞】日本酒の辛口と甘口の違いの基礎知識

かつては日本酒と言うと、お酒の中でも敷居が高く敬遠されがちなイメージがありました。今日では、インターネットで全国各地の地酒が購入出来るようになりましたが、種類が多くどれを飲めばいいか分からないという人も多いです。

また、日本酒に関しての情報量は多くお気に入りを見つけるのは大変難しくなっています。そこで多くの方が参考にされるのが、日本酒の味の基本的な要素・辛口と甘口の分類ではないかと思います。

しかし結論から言うと、両者の違いに明確な基準は無く、味の表現は主観的な要素にも大きく左右されます。このことを踏まえた上で、今回は辛口と甘口、それぞれの特徴について解説していきます。

日本酒選びの参考にしていただくことはもちろん、ぜひお酒の席での話題としても役に立ててくださいね。

幅が広い辛口の味わい

辛いと言うと、英語では「Hot」という単語が思い浮かびますが、お酒の味の表現としては「Dry」という単語に訳されます。これはワインなどにも共通し、甘口の対義語という位置づけです。

また、お酒を飲んだ時にどのような味に感じるかというのは、単に甘みと酸味だけで決まるわけではありません。実際は香りや旨味、そしてアルコールの刺激も関係してきます。そのため、辛口のお酒を飲んでもまろやかに感じられることもあります。

辛口のお酒を美味しいと感じた時は、爽やかさやどっしり感、キレなど、そのお酒の細かな特徴まで把握しておけば、自分好みの味を見つけやすくなるでしょう。

お店で注文する際はそういった好みの味のタイプを伝え、おすすめを頼めば失敗しにくくなります。

本当は飲みやすい甘口

辛口派と甘口派では辛口派が優勢と言われており、特に年配の方ほどその傾向が顕著です。理由は戦後間もない頃に大量に出回った、三増酒というお酒にあります。

原料が不足していた当時、本来の作り方のお酒に糖とアルコールを加えて伸ばし、大量生産したものが三増酒で、しつこい甘さが残り美味しいとは言えないものでした。

それに対し、本来の作り方が守られたしつこい甘さの無いお酒が対照的に辛口と認識されていた時期がありました。そのため、甘口と言うと三増酒の甘さを連想する人が多く、良くないイメージが残っているのです。

しかし、甘口の日本酒が意味するのは「元々の米の成分(甘さ)を辛口のものより残しているお酒」です。それゆえ由緒ある蔵元が作る、米本来の甘さを堪能出来る美味しい甘口ももちろん存在します。甘口の日本酒は口当たりが良く、飲みやすいのが特徴です。

日本酒に慣れていない方でも、美味しくいただくことが出来るでしょう。料理にも合わせやすく、食中酒としても最適です。スイーツとの相性も良く、まさに甘党の方にはぴったりのお酒とも言えます。

ラベルで見分ける辛口と甘口

ラベルには日本酒の様々な情報が記載されています。見分け方を覚えれば、どんな味なのかをある程度想像出来るようになります。

まず、お酒が水より重いか軽いかを示す日本酒度という数値があり、目安として+5以上なら辛口、0より下のマイナスなら甘口と判断出来ます。醸造アルコールが加えられる吟醸酒や本醸造酒は、日本酒度が高く辛口が多いです。

米と麹だけで作られる純米酒は、醸造アルコールが入らないため日本酒度が高くなりにくく、辛口を作るのが難しいと言われています。加えて、純米酒は米の甘みが引き立つ分、日本酒度の数値以外の部分でも甘口に感じやすくなると考えられます。

酸度は文字通り、日本酒の中に含まれる酸の量を示しています。酸は日本酒にキレを与え、高ければ辛口、低ければ甘口に感じる傾向があります。アミノ酸度もそのまま、日本酒の中に含まれるアミノ酸の量を示します。コクや旨味を与え、高いと甘口、低いと辛口に感じやすいとされています。これらの要素が複雑に絡まってお酒の味が決まるため、キレのある甘口、コクのある辛口といったお酒も存在します。

ただし、辛口と甘口に明確な基準が設定されているわけではなく、様々な度数もあくまで目安でしかありません。最終的には自分の感じ方です。それぞれの数値は判断材料の一つとして覚えておくと良いでしょう。

はなの舞の多彩な日本酒で楽しいお食事を

海鮮居酒屋はなの舞は、オリジナルの「生貯蔵酒 本醸造はなの舞 ボトル(300 ml)680円(税抜)」や人気の「獺祭 純米大吟醸45 グラス(90 ml)580円(税抜)、 徳利(小)880円(税抜)」などの日本酒を取りそろえています。「燗酒 徳利(小)290円(税抜)、徳利(大)500円(税抜)」の用意もあります。味の解説もありますので、お好みの日本酒探しにお役立てください。

料理も旬の海鮮や契約農家から仕入れた野菜など、鮮度にこだわった食材を使用した自慢の品ばかりです。お酒に合うおつまみだけでなく、食事メニューやお子さま用のメニューも充実し、お酒を飲まない方とご一緒でも満足いただける内容です。

ぜひ、お近くの店舗までお越しください。

最新記事

NEW コラム
【はなの舞】仕事帰りに一杯!一人飲みを楽しめるはなの舞
NEW キャンペーン
【はなの舞】居酒屋で楽しめるサワーの種類とは?