新着情報

2019 09.09
コラム

【はなの舞】同窓会には居酒屋が向いている理由!幹事も参加者も満足のプランとは?

同窓会の幹事に慣れていないと、当日の段取りで戸惑ってしまい、参加者もどのように振る舞えばいいのか迷うこともありますよね。特に同窓会は段取りが大事ですし、親しみやすい雰囲気も大切にしたい所です。

こうしたポイントを踏まえると、同窓会の会場は居酒屋がおすすめ。そこで今回は、同窓会の幹事さん向けに居酒屋同窓会のメリットと当日までの流れをご紹介します。

価格・メニューの種類も魅力!居酒屋同窓会のメリット

居酒屋で同窓会を行うメリットのひとつが価格です。高級レストランやホテルで開催すると価格が高くなり、参加をためらう人も出てくるでしょう。手頃な値段に収められる居酒屋を選べば、気軽に足を運べます。

また、メニューが豊富なのも魅力です。好きな食べ物や飲み物を自由に頼めるので、「せっかく来たのに好きな料理がない」という事態も防げます。

貸し切にできない場合は、個室利用ができる居酒屋が活躍します。同窓会では、かつての友人たちとゆっくり会話を楽しみたいものです。しっかりと仕切りのある空間で、周りに気がねなく話に花を咲かせましょう。

そして、服装が楽なのも嬉しいポイントです。ホテルなどではドレスコードがある所もあり、しっかりとした服装で参加しなければならないのは大変です。

その点、居酒屋ならスーツやドレスではなく、カジュアルなコーディネートで気軽に来店することができます。

同窓会当日までにどんな準備をすればいい?

居酒屋での同窓会は、遅くても開催日の3~4カ月前には準備開始しましょう。動きが遅いと会場を押さえられない可能性があり、参加者も予定を調整しにくくなるからです。せっかくの集まりであれば、なるべく多くの人に参加してもらいたいので、幹事は余裕を持って計画する必要があります。

そして開催日の候補がある程度決まったら、出欠確認をとります。同窓会への参加不参加を確かめて人数を確定させましょう。いきなりのお誘いということで礼を尽くすのであれば、案内状を送る方法が丁寧です。また、会場や会費をあらかじめ決めておき、一緒に通知しましょう。

ちなみに、二次会の会場も事前に予約しておくと安心です。同窓会は大人数になりがちなので、当日に二次会会場をセッティングできるとは限りません。二次会のお店がなかなか見つからず、集団で街をさまようことにならないように注意しましょう。

同窓会当日までに必要なものをそろえよう

当日までに必要なものはいくつかありますが、忘れてはいけないのが「参加者リスト」です。受付の名簿がないと不便ですし、最後に会ってから時間が経っていると顔と名前が一致しない参加者も出てきます。

また、おつりも忘れずに用意しておきましょう。会費を過不足なく渡してくれる人ばかりではありません。それに、居酒屋ではコースで「3,980円」のように端数が出てしまうことがあります。小銭を用意しておかないと、会計時に混乱を招きかねません。

また、同窓会は通常の飲み会とは違うため、先生への記念品なども用意しましょう。記念品は花束やマグカップが定番です。費用はあらかじめ会費にプラスするなどして、参加者から徴収しておくと安心です。

余裕があれば盛り上がるアイテムも準備しておくとよいでしょう。たとえば、ビンゴゲームなどの余興に使えるアイテムがあると、同窓会の特別感が倍増します。

居酒屋同窓会中の幹事は何をするの?

同窓会中の幹事にはさまざまな仕事があります。まず初めに受付を行い、参加者の出欠をチェックしたうえで会費を集めましょう。ただし、出欠を1人で担当するのは大変なので1、2名ほど協力を依頼しておくと安心です。

そして、全員が集まったら司会進行をしていきます。居酒屋のような気楽な空間であっても、同窓会にはある程度の流れがあります。たとえば、先生に一言もらうときは誰かが促す必要がありますし、最後の締めを行うのも幹事の役目です。特に適任者がいない場合は、幹事が司会も引き受けるのが定番です。

さらに、幹事が記念撮影を仕切ることもあります。集合写真のほか、宴会中のスナップ写真も収めておくと後で参加者から喜ばれるでしょう。ただし、カメラまで担当している暇がないようであれば、誰かに撮影をお願いしておくことをおすすめします。

そのほか、「メニューの調達」も幹事の役割です。お店側と交渉して、参加者に不満のないタイミングで食べ物やドリンクが出てくるように手配しましょう。そして、一次会の最後に会計を済ませたら、二次会の準備に入ります。

このように幹事の役割は多岐に亘ります。当日にやることが多い場合は、やるべき作業をリストにしておくなど、事前に対策しましょう。

同窓会は「はなの舞」へ!おすすめポイントをご紹介

居酒屋同窓会を考えているなら「はなの舞」がおすすめです。「はなの舞」は都市部の駅近にある店舗が多く、遠方からでもアクセスしやすいのが特徴です。

また、はなの舞では、飲み放題付きコースを4,000円程度に収めることもできます。たとえば、「雅の宴 飲み放題付き(税込4,000円)」は、シーザーサラダ・まめ鯵唐揚げ・サーモンクリームチーズのっけ寿司といった豪勢なメニューが含まれているので、メニューへの不満は出にくいでしょう。

さらにドリンクメニューの豊富さもポイントです。ビールやチューハイのほか、焼酎や日本酒まで幅広いメニューが取りそろえられています。もちろん、ソフトドリンクも充実しているのでお酒が飲めない人でも同窓会を心から楽しめます。気取らない雰囲気で和やかに過ごせる居酒屋で、たっぷり旧交を温めることができるでしょう。

同窓会はホテルを貸し切って盛大に行いたい気持ちもありますが、旧友たちとカジュアルに楽しんだ方が思い出話に花が咲くことでしょう。

また、値段も抑えることができれば参加者の満足度は高くなります。同窓会を開催する居酒屋探しで迷ったら、ぜひ「はなの舞」を探してみてください。

雅の宴 飲み放題付き(税込4,000円)

最新記事

NEW キャンペーン
【9/14~】薄桜鬼 真改 コラボメニュー第七弾実施!
コラム
【はなの舞】同窓会には居酒屋が向いている理由!幹事も参加者も満足のプランとは?