新着情報

2019 08.23
コラム

【はなの舞】実は種類が豊富な梅酒。その種類や飲み方とは?

梅酒はロック、水やソーダ、お茶で割るなど様々な飲み方が楽しめるカジュアルでとても親しみやすいお酒です。種類も豊富で、それぞれに個性があります。
この記事では、多彩なバリエーションの梅酒を項目ごとに紹介していきます。

 

ベースとなるお酒

 

梅酒は梅の風味や香りがするお酒というイメージが万人に共通してあるものの、元になるお酒に関してはあまり知られていないのではないでしょうか。実はベースとなるお酒は、1種類だけではありません。まずは基本となるお酒の詳細を確認していきましょう。

 

■ホワイトリカー

梅酒のベースとして最も一般的なお酒です。

ホワイトリカーとは焼酎の一種で、無色透明で甲類に属します。味も香りも無いため、どんなものにも合わせやすく、酎ハイなどにも使われています。梅本来の味や香りを楽しみやすく、癖が無く飲みやすい仕上がりとなります。そのため、どんな飲み方にも合います。

 

■本格焼酎

焼酎は蒸留方式によって甲類と乙類に分けられます。日本古来の方式で蒸留された焼酎が乙類とされ、芋、米、蕎麦、麦など素材の風味を楽しむことが出来ます。

乙類焼酎の中でも、国が定める原料を使用していること、水以外の添加物を使わないことなどの基準を満たした製品のみが本格焼酎を名乗ることを許されます。無味無臭のホワイトリカーと違い、本格焼酎は独特の香りや味わいがあるので、梅酒にした時もコクやキレといった個性が生まれます。

原料や酒造によっても違いが出るので、飲み比べる面白さもあります。本格焼酎はホワイトリカーよりアルコール度数が高く、梅酒になってもそれは変わりません。

ロックでも美味しくいただけますが、お酒に弱い人はソーダなどで割って度数を抑えつつ楽しむ飲み方が良いでしょう。バニラアイスとの相性も抜群で、かけて食べると本格焼酎の味わいが、アイスの甘さにコクやまろやかさを与えてくれます。

 

■日本酒

砂糖の使用を抑え、日本酒本来の甘みを引き出すように作られています。

梅の甘みも活かされているので口当たりが良く、深い味わいに仕上がります。アルコール度数は抑えられながらも、日本酒の味わいを楽しめと人気です。また、糖分が抑えられるといった理由でファンの多い梅酒です。

日本酒本来のうま味を活かすには、ロックで楽しむのが最適です。

 

ブランデー

ブランデーは、梅酒にしても濃厚な味わいになります。

ブランデーが元々持っている甘みと香りが、梅の甘みと香りも引き立ててくれます。また、アルコール度数の高さは風味を引き立てる役割も果たしています。梅酒にすることによってブランデーが持つ刺激は少なくなり、飲みやすい仕上がりになっています。

ロックでもソーダ割りでも豊かな香りを楽しめます。

 

梅の品種と完熟度でも変わる味

梅には様々な品種があります。味にもそれぞれ個性があり、それは梅酒でも反映されます。それだけではありません。完熟度によっても梅酒の味は変化します。梅酒の原料となる品種と、完熟度による違いを紹介していきます。

 

■品種

梅の品種は300種類以上あると言われています。産地によっても特徴は異なり、様々な梅酒が作られています。その中でも和歌山の南高、古城、奈良の鴬宿、福井の剣先、関東の白加賀、青森の豊後などが原料としてよく使われています。
梅には花梅と実梅があり、文字通り花梅は観賞用、実梅は食用として扱われることが多い梅です。実梅は大粒で肉厚なため、果汁が多く梅のエキスが豊富なので、梅酒にも主に実梅が用いられます。ご家庭で梅酒を作る際は実の大きさや厚さに注意して選びましょう。

 

■完熟度

梅の収穫期間は約1カ月で、その間にも味は大きく変化します。収穫期を外れた梅はエキスが出にくい、鮮度の問題でトラブルが起きやすいなど、梅酒作りには適していません。

若く青い梅で作った梅酒は、酸味がきいた爽やかな味わいがあります。青い実は固く食用には適しませんが、実が崩れにくくエキスが出やすいため、梅酒にはよく使われます。

そこから少しだけ熟して黄色くなってくると、香りとまろやかさが加わり、飲みやすい梅酒になります。さらに太陽の光をたっぷり浴びて紅色になった実で作る梅酒は、フルーティーな香りと濃厚な口当たりで飲みごたえ抜群です。日の光をよく浴びた実だけを使用しているので、希少性の高い梅酒となります。

完熟の実でも梅酒を作ることは出来ますが、実がデリケートで作る工程から管理までが非常に難しいため、レアな梅酒となっています。

 

個性的な梅酒

梅酒の種類を決定づける要素は、お酒や梅の種類だけではありません。他には無い特徴を持った、個性的な梅酒も多数あります。

 

■黒糖梅酒

仕込みに普通の砂糖ではなく、黒糖を使用した梅酒です。通常の梅酒より甘く、コクと深みがあります。黒糖が溶け出した色合いにも特徴があります。飲み方はロックがおすすめです。

 

■にごり梅酒

お酒の中に梅の果肉が入っています。果実のジューシーさが味わえるデザート感覚の梅酒です。梅本来の味を味わうためにロックでもよし、またはジュースで割ってもフルーティーさを味わえます。

 

 

■スパークリング梅酒

発泡性の梅酒で、香りが炭酸によって引き立てられています。非常に飲みやすいのでストレートが一般的ですが、炭酸が苦手という方はロックで薄めてみてもいいかもしれません。

 

■ブランド

使用するお酒で差別化を図っている製品も数多くあります。ウイスキーの山崎や焼酎の鍛高譚、各地の有名蔵元で醸造された日本酒などを使った梅酒がブランド商品として売り出されています。

他にも柚子やマンゴーをブレンドしたカジュアルでスタイリッシュなものや、紅茶や抹茶を使用した香り高いものまで、多くのブランド梅酒が流通しています。パッケージにも凝ったものが多く、プレゼントや手土産にも喜ばれるでしょう。

 

はなの舞の梅酒で楽しいお食事を

はなの舞では個性豊かな6種類の梅酒をロックとソーダで提供しています。食べ物も新鮮な魚介を中心に豊富なメニューを取りそろえています。お食事メニューやお子さまメニュー、甘味なども充実しており、どなた様にもご満足いただけると自信を持っております。

ぜひお誘い合わせの上、お近くの店舗までお越しください。

宴会

最新記事

NEW キャンペーン
【11月14日(木)より】創業35周年《鍋フェア》スタート!忘年会予約で鍋半額!
NEW キャンペーン
【11月14日(木)より】創業35周年《鍋フェア》スタート!