新着情報

2019 08.19
コラム

【はなの舞】焼き魚の食べ方に不安がある方必見!魚をキレイに食べるコツ

日本人が日常的に口にする焼き魚。季節ごとに旬の魚があり、大好物という方も多いでしょう。和食には昔ながらのさまざまな作法があり、焼き魚を食べる時にはマナーに反していないか、汚い食べ方をしていないか不安だという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、焼き魚を上手にキレイに食べるコツや、食べ方のマナーを紹介していきます。すぐに実践できるので、ぜひ参考にしてください。

 

焼き魚を食べる時のコツと和食のマナー

魚を食べる時のマナーや作法はさまざまありますが、覚えておきたい3つのコツがあります。それは、「左側から食べる」「魚を裏返さない」「骨や皮を一か所にまとめておく」です。詳しい食べ方の手順は後ほど述べますが、尾頭付きでも切り身でもこれらのポイントをおさえておけば、マナーを守りつつキレイに魚を食べられます。

また、当たり前のことですが、基本的な和食のマナーを守ることも大切です。たとえば、「食べ物を口に運ぶ時は、必ず一口で食べきれるサイズに整える」「一度口に入れようとしたものは決して器に戻さない」なども覚えておきたいマナーです。

そして、箸の持ち方も重要なマナーの一つなので、普段から正しい持ち方を心がけるようにしましょう。箸を持つ手と逆の手を下に添える手皿も、マナー違反とされる行為です。特に、焼き魚の身は箸で掴みにくく、こぼしやすいため、無意識に手を添えてしまいがちなので、常に気を配る必要があります。

 

開きや干物を簡単にキレイに食べるには?

アジ開きやほっけなどの干物は大衆的な料理なので、マナーはさほど気にする必要はないのですが、やはりキレイに、そして美味しく食べられるようにしておきたいものです。

干物を食べる時も、前述の通り、左側の手前の下身から食べ始めます。手前の下身の部分は小骨が多く、取り除くには細かい作業が必要になります。しかし、脂が乗って美味しい部分でもあるので、しっかり食べ切りましょう。

次に奥の上身の部分です。ここは身が骨にくっついて剥がしにくくなっています。手で触ることは行儀が悪く映りがちですが、干物の場合はマナー違反とはなりません。懐紙がある場合は懐紙を使用した方がいいですが、ない場合はそのまま手で身をおさえて、残さず丁寧に取りましょう。

表面を食べたら次は裏面です。食べやすくするために、背骨を取り除きます。頭の付け根の部分から、つまんで持ち上げるとキレイに取れます。そして骨に残った身は、箸を使って剥がしましょう。

裏側の身を食べ終えたら、背骨の取りきれなかった身もキレイに食べます。これは会食の相手にもよりますが、見苦しくなければ問題ありません。特に居酒屋などではマナーにこだわって堅苦しく食べるより、身を残さずキレイに食べる方が好印象となります。気負わず、楽しく食べましょう。

 

焼き魚の食べ方のマナーと手順

一匹まるごとの焼き魚は、お腹が手前で頭が左に来るようにして配膳されます。食べ方の手順も、まずは頭側(左側)から背骨に沿うように尾の方向(右側)に向かって、箸を入れていきます。切り込みを入れるように箸を入れ、上下に開いてほぐすと食べやすくなります。

ほぐして食べやすくしたら、まず上側から箸をつけていきます。ほぐす時と同じく左から右に向かって箸を進めましょう。続いて下側も、同様に食べていきます。

下半分も食べ終えたら、中骨を外します。骨の裏側のから箸で引き上げるようにすると外しやすくなります。頭を持つとさらに外しやすくなります。ここで注意したいのが、正式な場では料理に直接手を触れないのがマナーという点です。

厳格なマナーが必要とされる場では、直接手では触らず、懐紙を使って魚をおさえるようにしましょう。そうすれば、マナー違反にはなりません。中骨を外したら、裏側の身も上の頭側から食べ進めましょう。

基本的には皮まで食べるのがマナーですが、中には皮を食べられない魚もあります。その場合は、残った皮や骨は一緒にまとめて、右の上隅に置きましょう。懐紙などを上に被せると、なお美しくなりますが、通常の飲み会の席では、懐紙がない場合がほとんどですし、堅苦しくなり過ぎる場合もあります。TPOに応じたマナーを実践しましょう。

厳格なマナーが必要ない席でも、食べ進め方に関しては、細かい部分をチェックする人もいます。常に正しい食べ方を出来るようになっておくとよいでしょう。正しい食べ方の手順は理にかなってもいるので、覚えておいて決して損ではありません。こうした魚の食べ方のマナーやコツは、動画サイトでも、解説動画を視聴できます。

また、まとめサイトにも数多くの情報がアップされているので、魚の種類や地方による違いも詳細に確認できます。マナーと併せてレシピを紹介している記事もあるので、シンプルだけど奥が深い焼き魚料理を習得してみてはいかがでしょうか。

 

はなの舞はこだわりの魚介をはじめ多彩なメニューを取り扱っています

 

海鮮居酒屋はなの舞は産地や鮮度に徹底してこだわり、厳選された食材を使用した料理を提供しています。肉厚で脂が乗った「特大縞ほっけ1尾 890円(税抜)」はぜひとも召し上がっていただきたい逸品です。

また、「たらの西京焼き 590円(税抜)」や「たこの天ぷら 590円(税抜)」など、こだわりの魚介を使った和食のメニューも豊富に取りそろえています。お食事メニューや甘味なども充実しているので老若男女、どなた様にもきっとご満足いただけます。北は北海道から南は九州まで幅広く展開していますので、ぜひお近くの店舗にまでお越しください。

※一部対象外の店舗がございます。詳しくは店舗へお問い合わせくださいませ。

最新記事

NEW キャンペーン
【11月14日(木)より】創業35周年《鍋フェア》スタート!忘年会予約で鍋半額!
NEW キャンペーン
【11月14日(木)より】創業35周年《鍋フェア》スタート!