鈴木勇斗のドラフト2位指名投手としての評価は?中学や高校での成績を調査!

今回は2021年ドラフト会議で2位指名となった、阪神タイガースへの入団が決まった鈴木勇斗投手について調べてみました。

まずは、彼の名前ですが鈴木勇斗(すずき ゆうと)と読みます。こちらの読み方は大丈夫そうですね。私も普通に読めて間違えなかったですね。(笑)

それでは鈴木勇斗投手について見ていきましょう。

目次

鈴木勇斗の投手としての評価は?

まずは、鈴木勇斗投手の評価ですが。

創価大学の堀内監督は「体はちっちゃいですが、ケガをしない強い体がある。連投もできる。どんどん投げられて、ケガをしないから経験値もあがるし、もっと伸びますよ」とコメントしています。

最速152キロを誇る即戦力左腕には1年目からの開幕ローテ入りが期待される。担当の吉野スカウトは「最速152キロの直球もそうですけど、カーブ、緩急を使えるピッチャー。奥行き、幅のある投球。一番の魅力」と評価。同じ左腕の高橋遥人との違いを問われると「ボールのキレ、強さという点ではまだ劣る部分はありますけど、身体は強いんで。そういう部分ではまだ伸びる様子もあります」とさらなる進化にも太鼓判を押した。

スポニチ

上記のコメントは引用ですが、担当スカウトは大きな期待と評価をされていますね。

 

創価大学ではグラウンド横にある100メートルの坂道ダッシュを繰り返していたと言います。どこへ行っても坂があるため、坂道をずっと走らなければいけない環境のチ-ムだったそうです。それで鈴木勇斗投手の下半身は強化されたという事を堀内監督はコメントしています。

中学や高校での成績を調査!

さてそんな彼の、これまでの経歴やプロフィール、中学や高校での成績などを観ていきたいと思います。

プロフィール

  • 【名前】鈴木勇斗(すずき ゆうと)
  • 【身長/体重】173センチ/84キロ
  • 【生年月日】2000年3月17日(21歳)
  • 【出身地】鹿児島県日置市
  • 【投打】左投左打
  • 【経歴】串木野黒潮(日吉中学校)→ 鹿屋中央高校 → 創価大学

小学校4年生から野球を始め、中学では硬式野球チ-ムに所属していました。高校では2年生の秋からエ-スとして活動しています。3年生の夏の選手権予選では、準々決勝で8奪三振の完封勝利を挙げ、チームのベスト4入りに貢献しています。創価大学に進学してからは2年生の時にベンチ入りを果たし、3年生の春まではリリーフとして3試合のみの登板ですが、8イニングを無失点に抑えていました。秋季リーグからは先発としてチームを牽引し、4勝・防御率1.72という成績でチームの優勝に貢献しています。更に、MVP・最多勝利・最優秀投手賞・ベストナインに輝いています。

大学3年生の秋に自己最速152km/hを記録しています。

ちなみに球種は、自己最速152km/hのストレートを武器に変化球はスライダー・カーブ・チェンジアップなどがあります。

ふと思いましたが、最近の投手はストレートの球速がある選手が多く感じますが150km/h台のスピードは普通になっているのが現状でしょうか。私が野球をしていたのは30年以上前の事なので何とも言えませんが。(笑)

まとめ

最後に今回のドラフト会議で選択した選手の名前を載せます。

阪神タイガース

1.森木大智・投手(高知高)

2.鈴木勇斗・投手(創価大)

3.桐敷拓馬・投手(新潟医療福祉大)

4.前川右京・外野手(智弁学園高)

5.岡留英貴・投手(亜細亜大)

6.豊田寛・外野手(日立製作所)

7.中川勇斗・捕手(京都国際高)

◇育成 1.伊藤稜・投手(中京大)

上記は三振を取った動画で良いストレートを投げてます。今後の動向と活躍を期待していきたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる