新庄剛志の赤黒ジャ-ジとグラサンのブランドは?値段や購入方法を調査!

今回は2021年11月8日に沖縄国頭秋季キャンプを初視察された、北海道日本ハムファイターズ監督に就任した新庄剛志ビックボスの【赤ジャ-ジ】【黒ジャ-ジ】が話題となっております。

ジャ-ジのブランドはどこの物かグラサンも気になるところです。

そこで、価格は幾らくらいか?どこで手に入れられるのか?などを調べてみました。

ちなみに監督就任会見時のファッションも派手派手で話題の立て襟でしたね。(笑)

何かと注目を集め、常に話題となるその魅力に迫っていきましょう。

目次

赤いジャ-ジのブランドと値段は?

まずは午前中に着ていた赤いジャ-ジは、どこのブランドでしょうか?

こちらのブランドは【SY32というブランドです。正確には『【SY32 by SWEET YEARS】(エスワイサーティツ- バイ スウィ-トイヤーズ)』というブランドになります。

SWEET YEARS】スウィ-ト イヤ-ズというブランドから派生したブランドです。

“SWEET YEARS(スウィートイヤーズ)”は 世界的なサッカー選手でありイタリアの国民的英雄でもある、Paolo Maldini(パオロ・マルディーニ)とChristian Vieri(クリスチャン・ヴィエリ)の2人のアイデアによって誕生しました。

sweet years公式サイト

お金持ちのブランドですかね?(笑)


楽天市場から購入出来ます!上着は税込み¥23.100ですね。


ズボンはHEAVY SWEAT PANTSという商品で、税込み¥20.900です。

上下合わせて¥44.000になります。私的には高級な感じですね。(笑)

黒いジャ-ジのブランドと値段は?

続けて午後から黒いジャ-ジに着替えてきた新庄剛志ビックボスですが、こちらの商品のブランドは赤いワッペンが特徴的で『【ONCE WE WERE WARRIORSワンスウィーアーウォーリアーズ)』と言います。

オランダ発のカジュアルブランドで、O3Wと略すそうです。

ONCE WE WERE WARRIORS を日本語に訳すと【かつて私達は戦士だった】となります。

価値観と名誉が歪められた混沌とした世界に生まれたOnceWe Were Warriorsは、勇敢な生活を送り、公正であり、名誉をもって生きることという、戦士であることの意味を男性と女性に思い出させるために作られました。

私たちは、人生そのものよりも勇気、名誉、そして個人的な忠誠心を持っていたサムライの古代世界からインスピレーションを得ています。彼らの規範である武士道は、善悪を区別する上での正直、正義、明確な判断の価値を人々に教えました。

侍の魂は生き続けていると信じています。かつて私たちが戦士だったのは、強い心と組み合わされた侍の静かな敬意の具現化です。私たちのコレクションは、サムライの理想を共有する世界中の現代の戦士のために作成されました。

私たちの服はあなたの体を装甲し、現代の生活に備えさせます。私たちが何を表しているのかを思い出させる大胆なマントラ、発見して展開する複雑で驚くべき詳細、そしてサムライが今日誇りに思う洗練された定性的なスポーツの贅沢な美学に満ちています。

現代の戦士の世界へようこそ。かつての戦士へようこそ。

https://oncewewerewarriors.com/
https://oncewewerewarriors.com/

上記のURLは ONCE WE WERE WARRIORS の公式サイトです。新庄剛志ビックボスのジャ-ジを購入するには公式サイトか、楽天市場、yahoo、Amazonからご覧いただけると思います。

ちなみに楽天では、新庄剛志ビックボスと全く同じ商品は出てきませんでしたが。下記に同ブランドの商品はあります。



新庄剛志ビックボスの上着の値段は日本円で約¥15.750です。ズボンは日本円で約¥13.124です。

なお、新庄剛志ビックボスの被っていた帽子は日本円で約¥6.559でした。

グラサンのブランドと値段は?

初キャンプ視察でかけていたグラサンは、オークリ-というブランドです。

正確には【オークリー(OAKLEY) KATO X / カト エックス】と言います。

https://twitter.com/mitsuihideo1911/status/1457962401995714567?s=20

値段は税込みで¥43.010です。楽天で購入出来ます!しかし、高級品ですね!私の買うサングラスは、せいぜい¥10.000くらいです。(笑)


まとめ

以上が、新庄剛志ビックボスの赤黒ジャ-ジとグラサンの情報でした。

今回は我ながら、色々と調べてみました。まだまだ甘いと思いますが、今後もっと精進して良い情報が提供出来るように取り組んでいきますので宜しくお願い致します。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる