佐藤隼輔のドラフト2位指名投手としての評価は?中学や高校での成績を調査!

今回は2021年ドラフト会議で2位指名となった、埼玉西武ライオンズへの入団が決まった佐藤隼輔投手について調べてみました。

まずは、彼の名前ですが佐藤隼輔(さとう しゅんすけ)と読みます。こちらの漢字も読み方も大丈夫そうですね。ちなみに私は大丈夫でした。

それでは佐藤隼輔投手 について見ていきましょう。

目次

佐藤隼輔の投手としての評価は?

スカウトの評価ですが、埼玉西武ライオンズ以外のコメントを下記に引用します。

広島・尾形佳紀スカウト 力感のないフォームから伸びる球を投げられる。打者からすれば出どころも見づらいし、肩、肘を柔らかく使える点もいい。

日本ハム・坂本晃一スカウト 左投手特有の良さを持っている。右左に関係なく、ベースを両サイドに広く使える。阪神の岩崎のように、球持ちがいい。どこまで安定感を出せるか。

DeNA・稲嶺茂夫スカウト 入学当初から柔らかいフォームで投げていた。球速も150キロくらい出ているし、変化球もスライダーの切れがいい。体力もついてきたし、即戦力として楽しみな投手の一人。

スポニチ

これらのスカウトのコメントからは評価の高さが伺えますね!ドラフト1位指名でもおかしくない評価だと思います。

埼玉西武ライオンズの評価は、あえて控えさせていただきますが色々と調べてみたところスタ-性はありそうですね!と言いますのも、佐藤隼輔投手のイケメン評価も高く実力もありますから日本球界を盛り上げる存在になってくれる事を期待したいと思います。

中学や高校での成績は?

さてそんな彼の、これまでの経歴やプロフィール、中学や高校での成績などを観ていきたいと思います。

プロフィール

  • 【名前】佐藤隼輔(さとう しゅんすけ)
  • 【身長/体重】183センチ/82キロ
  • 【生年月日】2000年1月3日(21歳)
  • 【出身地】山形県
  • 【投打】左投左打
  • 【経歴】愛子スポーツ少年団(宮城県仙台市立愛子小学校)→ 折立スパローズ → 宮城県仙台市立広瀬中学校(軟式野球部)→ 仙台市立仙台高校 → 筑波大学

小学4年生から野球を始め、愛子スポーツ少年野球団に所属していました。小学6年生からは折立スパローズでプレーし、全国選抜大会で優勝しました。中学は広瀬中学校で軟式野球を経験しています。高校では仙台高校で1年生からベンチ入りを果たしますが、甲子園出場は叶わずでした。高校時代からプロ10球団のスカウトが視察に来るなど、注目を浴びていたのですがプロ志望届は提出せずに筑波大学へ進学します。大学では1年生の秋からリーグ戦に出場し、5試合に先発しています。2年生の春のリーグ戦では、公式戦初となる完封勝利を挙げています。リーグ戦の後は、大学野球日本代表候補に選ばれています。

日本代表として出場した2年生の夏の日米大学野球では、5試合すべてにリリーフ登板しています。リーグ戦終了後には、日本代表候補に選出されています。そして4年生の秋季リーグ初戦の東海大戦では、12球団のスカウトが視察する中、3回に自己最速を更新する152km/hを記録しています。しかしながら、4回にアクシデントにより降板しています。

球速や球種は最速152km/hのキレのあるストレートを武器に、変化球はスライダーやチェンジアップなどがあるようですね。

まとめ

最後に今回のドラフト会議で選択した選手の名前を載せます。

埼玉西武ライオンズ

1.隅田知一郎・投手(西日本工業大学)

2.佐藤隼輔・投手(筑波大)

3.古賀悠斗・捕手(中央大)

4.羽田慎之介・投手(八王子高)

5.黒田将矢・投手(八戸工大一高)

6.中山誠吾・内野手(白鴎大)

◇育成 1.古市尊・捕手(徳島インディゴソックス) 2.滝澤夏央・内野手(関根学園高) 3.菅井信也・投手(山本学園高) 4.川村啓真・外野手(国学院大)

上記の動画は佐藤隼輔投手の投球術が確認できます。是非ともご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる