小園健太のドラフト1位指名投手としての評価は?中学や高校での成績と松川虎生との出会いを調査!

今回は史上初の同一高校からのバッテリーのダブル1位指名で話題の市立和歌山高校から、横浜DeNAベイスターズ1位指名の小園健太投手について調べてみました。

女房役でバッテリーを組んできた千葉ロッテマリーンズ1位指名の松川虎生選手と、セパ両リ-グで分かれ入団する事となった2人の動向に注目していきたいと思います。

左が小園健太・右が松川虎生

が小園健太・左が松川虎生

目次

小園健太の投手としての評価は?

まず 横浜DeNAベイスターズ 三浦監督の評価ですが、くじを引いた直後のコメント

三浦監督は「良かったです!」と声を弾ませつつ、大役に緊張して「震えていた」ことを告白。「手に触れた瞬間の方の封筒を取ろう」と決め、前日から宣言していた通り右手で当たりくじを引き引き当てた。その小園に関しては、「高校生ではずば抜けた能力。どんな投手になるのか楽しみ」と語り、「一緒にベイスターズを強くしていきましょう! ヨ・ロ・シ・ク お願いします」とラブコールを送った。将来的には「チームを引っ張っていける先発として、エースとして、階段を上ってもらえたら。横浜DeNAベイスターズの小園というスタイルを貫いてほしい」と、プロでのサクセスロードに期待を寄せた。

yahooニュース

コメントを見る限りでは相当な期待を小園健太投手に寄せている事が感じられますね。

スカウト評価としては、高校生離れした投球術で、コントロールが魅力な投手とされています。

変化球の質も一級品で完成度も高く、将来性十分な世代NO.1の投手の1人といった評価があります。

そして、更に 横浜DeNAベイスターズ 三原一晃専務取締役球団代表のコメント

「スカウト会議でもずば抜けて高い評価」だったという小園に関しては「競合覚悟」で指名に踏み切ったことを明かし、「完成された投手で、コントロール、変化球、真っ直ぐの力もある。比較的早く横浜スタジアムで活躍してくれるのでは」と笑顔を見せた。

yahooニュース

横浜DeNAベイスターズ 全体の評価としては、私から見ると100点満点のようですね。

非常に今後の活躍が楽しみです。

小園健太の中学や高校での成績は?

プロフィール

  • 【名前】小園健太(こぞの けんた)
  • 【身長/体重】185センチ/90キロ
  • 【生年月日】2003年4月9日(18歳)
  • 【出身地】大阪府
  • 【経歴】貝塚ヤング(貝塚市立第一中学校)→ 市立和歌山高校
  • 【投打】右投右打

まず、小園健太投手の野球人生は小学校1年生の時からスタートしています。そして、中学校時代は、硬式野球チームの貝塚ヤングでプレーします。全国大会には3度出場しており、中学校3年生の夏はエースとして全国優勝に貢献しました。

高校は、市立和歌山高校に進学します。進学前に20校近くの高校からの誘いを受けていましたが、中学時代にバッテリーを組んでいた 松川虎生選手 からの誘いが決め手になったそうです。

高校1年生の春からベンチ入りし、当時の球速は140㎞/h台だったようです。1年生の冬から体幹トレーニングに力を入れフォ-ム固めに取り組み、2年生の6月に行われた大阪桐蔭高校との練習試合では球速を152km/hに伸ばします。

3年生の甲子園初出場で迎えた選抜では、初戦の岐阜商戦で8奪三振完封勝利をしています。

球種は最速 152km/h のストレートを武器に、変化球は縦スライダー・カットボール・スプリット・カーブがあるようですね。

ちなみに度々、上記で出てきた中学時代からのバッテリー 松川虎生選手 ですがプロ野球界でも、いつか同じチームとなりバッテリー復活も観られる期待も込めて互いを応援して見守っていきたいと思います。

まとめ

小園健太投手 は中学生時代から大物の片鱗を見せてきていますが、それも女房役の 松川虎生選手やチ-ム との調和があったからこそだったのもあるでしょう。

最後に今回のドラフト会議で選択した選手の名前を載せます。

横浜DeNAベイスターズ

1.小園健太・投手(市立和歌山高)

2.徳山壮真・投手(早稲田大)

3.粟飯原龍之介・内野手(東京学館高)

4.三浦銀二・投手(法政大)

5.深沢鳳介・投手(専大松戸高)

6.梶原昂希・外野手(神奈川大)

◇育成 1.村川凪・外野手(徳島インディゴソックス) 2.東出直也・捕手(小松大谷高) 3.大橋武尊・外野手(茨城アストロプラネッツ)

プロ入りしてからはバッテリーが当然のことながら変わる訳ですが、 小園健太投手 の更なる成長と活躍を期待し今後の動向を見守りたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる